美容皮膚科女医によるブログ


マグノリア皮膚科クリニックの美容皮膚科女医によるブログ
by bathlovejp

<   2007年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日々の小さな積み重ね

当院ではクリニック全体で環境問題に取りくんでいます。
こう聞くと、どんな華々しいことをやっているのだろう、と勘違いされる方がいらっしゃるようですが、そうではありません。環境問題に取り組むとは、日々の生活の中で一人ひとりができる、小さなことの積み重ねです。

実際に当院で行っている例を挙げると
・再生紙を使用する
・高くても環境に配慮された製品を買う
・裏の白い古紙は再利用する
・むやみにティッシュを使わない
・環境への負担の大きなペットボトルは使用しない
・ペットボトル飲料を飲んだ人は、自分で責任を持って持ち帰り、リサイクルに出す(事業ごみではペットボトルはリサイクルされず不燃ごみとして処分されます)
・ごみの分別を徹底する
・古紙は全てリサイクル用ごみに出す
・使用しない部屋の電気は消す
・空調は最低限の使用に限る
・水を出しっぱなしにしない
・冷蔵庫はすぐに閉める(冷蔵庫には、冷気が逃げないように透明フィルターが貼ってあります)
・洗濯はまとめて行う
・施術に使用した手袋を掃除に使う
などなど…。非常に地味なことばかりです。

こんなに便利な社会で生かして貰っている私たちにできる、必要最低限の義務だと思います。

Think Globally, Act Locally!
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-30 15:13 | ロハス

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」 ミッドタウン

ミッドタウンの「パティスリー・サダハル・アオキ」。いつも行列を横目に通り過ぎていましたが、そろそろ空いてきたので入ってみました。

f0107898_1204253.jpg
ミッドタウン ガレリア内の他の飲食店と同様、ショップが狭くて、ゆっくりくつろげる感じではありません。これは場所的に仕方ないのかな…。ケーキが映える美しい食器が使われていました。

写真のケーキとシュー・ア・ラ・クレームを友人と半分ずつ頂きました。甘さはかなりしっかり、です。ショッピングで疲れているときにはちょうど良いかもしれません。

パンが美味しそうでした。
以前パリに行ったとき、私は残念なことにあまり美味しい物に出会わなかったのですが、ここのクロワッサンは外はパリパリ、中はもっちり&しっとりで美味しかった記憶があります。家路についてから
「朝用にクロワッサンを買っておけば良かったぁ…」
とちょっと後悔しました。新宿伊勢丹や丸の内でも買えるらしいので、次はパンを…!
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-28 16:25 | グルメ

肝斑の治療法

肝斑は比較的治療しやすいシミで、早いと1~3ヶ月でほとんど分からない程きれいになります。私の場合は3週間できれいになくなりました。反応が遅い方も、根気強く治療すれば徐々に薄くなります。肝斑かなぁと思ったら、1度診察を受けてみてはどうでしょうか?

f0107898_15395263.jpg
肝斑治療の中心となるのは飲み薬と外用剤です。

飲み薬はトラネキサム酸、ビタミンC、活性型ビタミンB2・B6を大量内服します。
外用剤は肌の強力な漂白剤である高濃度ハイドロキノンとビタミンC誘導体を使います。

内側と外側、両方から働きかけて、お肌のトーンが目に見えて明るくなるので、うれしくなるはず。

レーザーは、慎重に使わなければ逆に肝斑を悪化させることもあるため、要注意です。

肝斑は、老人性色素斑(紫外線によるしみ)や雀卵斑(そばかす)とミックスしているケースが多々あります。この場合は、肝斑の治療をしながらレーザーや光治療と行ったり、外用剤の種類をプラスすると同時進行でキレイにできますよ(・∀・)♬♬
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-27 15:48 | 肝斑

患者様からの頂き物 18

美味しい物を知っているといった感じの方から頂きましたので、食べる前から期待感大でしたが、食べてみて「さすが」でした。
和三盆糖の上品で抑え目な甘さと麦の香ばしい香りが広がる、味わい深いお菓子です。ひとつだけ、と思ってもついつい手が伸びてしまって…ダイエット中のスタッフが多いにもかかわらず、あっという間に売れてしまいました(*´ェ`*)
f0107898_1311329.jpg

[PR]
by bathlovejp | 2007-11-25 13:20 | グルメ

それ、本当にくすみですか?

先日「日経ウーマン」から「肝斑」について取材を受けました。

肝斑は30前後~40代女性にできることが多いシミのひとつで、頬骨あたりにボ~ッと褐色がかったくすみのように見えます。左右対称にできるのが特徴。おでこや鼻の下にできることもあります。

f0107898_12273229.jpg左の写真の肝斑は薄い方で、これよりもずっと濃くなる方も多くいらっしゃいます。

肝斑の原因は、ホルモンバランスの崩れや、合わない化粧品、不適切なマッサージなど、お肌に加わる様々な刺激が原因と言われています。妊娠や閉経を機に出現したり悪化することもあります。

肝という字がついているのは、しみの形が肝臓に似ているから。肝臓が悪いという訳ではありません。

肝斑はくすみのように見えるので、なかなか自分では分かりにくいシミです。実は私も、美容皮膚科医の友人に指摘されるまで、自分の肝斑に気付きませんでした。日に何人も肝斑の方を診ているのに、自分のこととなると冷静に判断できないものですね(*´ェ`*)
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-24 13:19 | 肝斑

年末年始のお休み

f0107898_1281241.jpg年末は12/30(日)夜8時まで、年始は1/8(火)朝11時から診療を開始します。

年末年始に人気の治療は、テーピングの必要な顔のいぼ・ほくろ除去や、施術後1~2週間顔が腫れる顔のメソセラピー(脂肪溶解注射)などです。

長期休暇の前は、こういった普段なかなか手が出せない治療を受ける絶好のチャンスです。

写真は目の横のほくろ除去後、テープを貼った様子です。あまり目立たないテープを使うので、仕事をしながらでも大丈夫だと思いますが、テーピングに対して不安が強い方は大型連休前の治療がお勧めです。3mm程度のほくろであれば、1週間後から治療部位のお化粧が可能になりますよ(・∀・)
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-23 14:46 | ほくろ除去

エリオ・ロカンダ・イタリアーナ 半蔵門

f0107898_1120080.jpgイタリア人の知人が週に何度も行くと勧めて下さった永田町に近いイタリアンレストランです。イタリア人のエリオさんご一家がなさっているお店。

入店した6時頃は空いていましたが、あれよあれよと言う間に満員になって…



f0107898_11203110.jpg最初は店員さんの数がやたら多いなあと思っていましたが、7時をまわる頃には皆さん、走り回ってらっしゃいました。大繁盛店です。

場所柄、大使館関係と思われるお客さんが多いのと、イタリア人のお客さんの割合が高い。英語とイタリア語が飛び交っていました。

年齢層が比較的高い、大人向けのお店です。

f0107898_11205324.jpgお料理はまさに南イタリア!どれも素晴らしく美味しかったです。量が多くて食べ切れなかったのが心残りです。
「量は多くない」と言われてお願いしたコースだったのですが…その日、3時のおやつにケーキを食べたのが敗因でした。翌日の昼まで胃が重かったので、次はお腹を空かせてランチに行ってみます。
本場イタリアの味と雰囲気が好きな方にはたまらないお店だと思います。
エリオさんは陽気でチャーミングな方。帰りに手の甲にキスを頂きました。さすが、イタリア人男性です!
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-21 11:30 | グルメ

ゼニカル~脂肪吸収抑制剤~

これから年末・年始にかけて、飲み会やパーティーの機会が増えますね(・∀・)

食事が取り分けのセルフ形式なら、ある程度自分で量をコントロールすることもできますが、コースの場合、
「ダイエット中だから」
と一人食べずに残すのも、食べ物や作ってくれた方に申し訳ないですし、場の空気が白けてしまいます。

そんなときに良いのがゼニカルです。ゼニカルは脂肪を分解・吸収する膵酵素(リパーゼ)の分泌を一時的にストップさせて脂肪吸収を抑える、FDA認可の肥満治療薬です。食べた脂肪分がお腹を素通りして行く感という感じです。

f0107898_11432426.jpgお勧めは、日に何錠という飲み方ではなくて、食事に合わせて飲む方法。
例えば煮魚にお味噌汁、おひたしと御飯といった食事には脂肪分が少ないので、ゼニカルは必要ありません。焼肉やフレンチ、イタリアンなどを食べるときにはゼニカルが大活躍します。吸収されるカロリーが断然少なくなります。

夜、外食するときだけゼニカルを飲んで、その他の日は脂肪分や炭水化物を抑えた夕食にする方法が一番効果的だと思います。

薬の助けを借りても『ダイエットの基本は健康的な食生活』というスタンスを保つことが大切です。

ゼニカルを飲んでいてもいっこうに体重が減らない方がときどきいらっしゃいますが、そのほとんどが、薬を飲んでいることで安心して、ついつい食べ過ぎてしまっているのが原因です。脂肪の吸収を抑えても、その分食べてしまっては意味がありません。それに、むやみにゼニカルを飲んでいると、脂溶性ビタミン(ビタミンA, D, K, E)の吸収まで落ちてしまいます。ゼニカルのダラダラ飲みはやめましょうね!

ゼニカルとサノレックスを併用することも可能です。どのメディカルダイエットも、何も考えずに飲むのではなく、体調や食事に合わせて正しく使用することで効果が倍増しますよ(゚ー゚)
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-18 14:35 | ダイエット

憧れの人

f0107898_11551452.jpgパーティーで中井貴一さんにお会いしました。
私は
「好みの男性のタイプは?」
と聞かれると
「中井貴一」
と答えるほどの中井貴一ファンなので、お会いできてとても嬉しかったです。

テレビや映画でも素敵ですが、実物は背が高くて、お気遣いされる腰の低い方で、お話が上手で、穏やかでおしゃれでダンディーで…本当に素敵な男性でした!ますますファンになりました(・∀・)♬♬
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-17 12:11

サノレックス~ダイエットが辛い人のために~

食事量を減らしてから少ない食事に慣れるまでの期間は、人によって違います。私の場合は3日と短かったので、あまり辛く感じませんでしたが、中には慣れるまでの期間がとても長い人、空腹で夜眠れない人、食べ物にひどく執着心が沸いてしまう人もいます。こういうときの心強い味方がサノレックスです(・∀・)

f0107898_1317487.jpgサノレックスは食欲を抑える薬で、肥満の治療薬として厚生労働省に認可されています。飲み方は1日1回、昼食前に1錠飲みます。

食事の途中で
「もうお腹いっぱい…」
と食べられなくなるくらい良く効く人もいれば、夜に空腹で眠れなかったのが眠れるようになった、という人もいます。

サノレックスは、毎日飲むのが一般的ですが、必要なときだけ飲む方法もOKです。特に多いのが、生理前に飲む方法。生理前だけ食欲が増える女性(生理前症候群)は、生理の前1週間だけサノレックスを飲むと、生理前の食欲コントロールが上手にできます。

サノレックスは飲むだけで痩せる夢の薬ではありません。うまくカロリーコントロールするための手助けと考えて下さい(・∀・)
[PR]
by bathlovejp | 2007-11-14 16:04 | ダイエット


カテゴリ
全体
多汗症治療
医療レーザー脱毛
毛穴・毛穴開き
スキンケア
ピアス穴あけ
ヒアルロン酸注入
メソセラピー
ダイエット
育毛剤
ほくろ除去
ひげ脱毛
プラセンタ注射
ボトックス注射
ケミカルピーリング
毛孔性苔癬
ダーマローラー
肝斑
アンチエイジング
にきび治療
まつ毛育毛剤 ラティース
クリニック
グルメ
ロハス
動物
相互リンク
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧